Vol.5 普通の恋愛

普通に恋愛をすることの大切さ ~偏見を無くすことの重要性~

鳥居薬品 presents 「messenger」第5回目のOA。
messengerでは、HIVに関連する性差別や偏見のない世界を目指すため、HIV感染症は身近な病気であるということをより多くの方に知って頂き、HIVについての正しい知識を身に付けることができるよう、音楽を通じて継続的に情報をお届けいたします。
ジョー :
今週は、「Living with HIV」という 冊子に書かれているHIV陽性者とその周りの方々の体験談をまとめたコラムを取り上げたいと思います!
今回のコラムは、付き合っていた彼女がHIVの陽性者で、彼女からHIVをカミングアウトされたというお話です。

タイジ :
あるよなっていう話だよな、これは。

ジョー:
そうですね。タイトルが「普通の恋愛」です。書いてくださっているのは男性、20代の方でございます。こんな風な内容です。

ジョー :
これ、言う方も、すごい覚悟がいるだろうし、聞く方もやはり言われた時にショッキングだとは思うんですよ。

タイジ :
これは何か、リアリティがあるねぇ。でもこの二人はよかったね。なんか、きっとこの人は治るんじゃない?なんかさ、病気ってそういうもんじゃん。

  
ジョー :
そしてここで一個、重要な情報があるんですけど、厚生労働省の調査によると、HIVの陽性者の約8割が「恋人との関係や出会い」について自分で制約をしていたり、制約を受けているという結果があります。
自分にブレーキをかけて人を好きにならないように、人間関係を深めないようにしている人が多いのが現状です。じゃあこれは何が原因かというと、恐らくそれを言ったら自分が社会的に差別を受けるんじゃないかとかそういう意識からだと思いますね。

  
タイジ :
周りに、家族に制約を受けているなんてこともあるのかな。

  
ジョー :
どうなんでしょうね・・・。この番組でもずっと伝えてきているんですけど、それは「偏見だ」というところじゃないですかね。正しい情報が行き渡ってないから、こうやって自分の心にですら蓋をしなきゃいけなくなってしまう、という話ですよね。誰にだって人を好きになる気持ちがあるし、愛し合う権利はあるのに、それが正しい情報でいっていないから、自分が何かを言うことによって、周りに迷惑をかけるんじゃないかとか気にしちゃうんじゃないかな。だからその辺を、周りにいる人もそうだし、僕らが正しい知識を知ってなきゃいけないという事だと思うんですが。タイジさんどう思いますか?

  
タイジ :
とてもリアリティあるし、こういうエピソードだったら聞いている人も理解しやすいんじゃないかな。自分に制約をしちゃう、というのも分かるけど、それ自体がHIVに対する認識の低さ、がそういう現象を呼ぶみたいなところで。
でも、毎日新しい日がきて、新しい日を過ごすわけじゃない?この恋人同士の話はとてもいい話だと思いました。いつか治るかもと末永く期待を持ちつつって何か良いじゃん。治った方がいいんだけど、でも大事なのって一緒にいることじゃん。何かそこに大事なことがあるよね。

  
ジョー :
あると思います。俺ふと思ったんですよ。なんでこの番組で、こういうエイズのことを皆にタイジさんに語るんだろう。LOVE ON MUSICという「MUSIC」という言葉がついている番組で語るんだろうって。で、この前、村上春樹さん一番新しい小説を読んでて、それはね、音楽ではなかったんですけど、絵画だったかな?全ての芸術といってもいいと思うんですけど、絵で戦争やトラブルを解決することはなかったけど、少なくとも芸術は差別や紛争を生んだことはないって言い切っているんです。これはとても大切な事だと言っていて、直接音楽で何か解決できることってないのかもしれない、でも少なくとも僕が知っているロックンロールミュージックっていうものは、こんな差別とかいうものを生み出したことは一度もないんですよ。人々の心に優しく何かを伝えてくれるんです。
だからこの番組の中で語ることがとても大事だなと思っています。もちろん、専門的な知識は更にシンポジウムに行ったりとか、色んな専門書を読むことは大事だと思うんですが、やっぱり差別を生んでこなかった芸術というもの一緒に、こういうものは寄り添うべきだなと思います。

  
タイジ :
とてもいい事言ってるね~。でもホントにその通りですよ。いずれHIVをね、人類は克服するんですよ。間違いなく。

  
ジョー :
だと思います。最近読んだニュースだと、イギリスの大学が発表していたんですけど、HIV陽性の方の平均寿命が、一般の方とほぼ変わらないそうです。この何十年のうちに、このエイズは人類の医学が克服しようとしている病気の確実に一つだと思います。あと大事なことは、医療の進歩を待ちつつ、偏見をなくしていくこと。

  
タイジ :
その通りです。

This day’s select music
SILLY LOVE SONGS / PAUL MCCARTNEY & WINGS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA