Vol.7 家族とHIV

日常生活の中でのHIV感染経路

鳥居薬品 presents 「messenger」第7回目のOA。
messengerでは、HIVに関連する性差別や偏見のない世界を目指すため、HIV感染症は身近な病気であるということをより多くの方に知って頂き、HIVについての正しい知識を身に付けることができるよう、音楽を通じて継続的に情報をお届けいたします。
ジョー :
今回は家族とHIVというテーマでトークしていきます!
家族が、HIVに感染してしまいそれをカミングアウトされた場合、まずはHIV/エイズとは何かを知ることが一番大切だと考えられます。
これは他のどの病気でも言えることですが、まずはその病気について知り、そこから対策、対応することが最善の陽性者本人を支えになるのです。
そこで、日常生活の中で注意したい感染経路を本日はお話しながら進めていければと思います!
まずは。タトゥー(刺青)。

タイジ :
この業界はね、タトゥーを入れている方が多いですからね。肝炎持ちも多いですからね。

ジョー :
注意するべき点は、使用する用具の消毒が行われていない場合は、感染の可能性があります。 その場合は、HIVだけでなくB型肝炎やC型肝炎などの感染の危険もあります。 用具を次の客にそのまま使うことがなく確実に消毒されているか、 または使い捨ての用具を使用していれば感染することはありません。必ず確認するようにして下さいとのことです。ここですね、しっかりと消毒されているかどうか、確実にお店の人に相談した方がいいということですね!

タイジ :
そうですね。しっかりと確認することがロックンロールです!

ジョー :
私はタトゥーは入れないわ、という人もいると思いますが、他にも感染の経路はあります!たとえば、歯ブラシやひげそり!

タイジ :
歯ブラシやひげそり?

ジョー :
歯ブラシやひげそりを共用する場合は注意して下さい!

タイジ :
共有ってあんまりないよね。歯ブラシもひげそりも。

ジョー :
歯ブラシを一緒に住んでて1本で使ったりとか、銭湯でひげそりを共有したりとか・・・

タイジ :
ちょっとひげそり借りていいですか?っていう?あんまりなさそうだけどね(笑)

ジョー :
ほら、使い捨ててあったやつをそのまま使っちゃおうとかね(笑)

タイジ :
なるほど、それは気をつけよう!

ジョー :
まあでもそんなにビビる必要はなくて、使用する前に明らかに血液などの体液が付着していない限りHIVに感染する可能性はありませんが、 血液がつくかもしれないものは他の感染症の危険もありますので、できるだけ共用しないようにしましょう!

タイジ :
なるべく自分のものを使おうということだな。

ジョー :
そうですね。こう聞いていると不安に思う方もいると思いますが、例えば東京都でいうとね、相談所が二つあります。一つがですね、東京都HIV/エイズ電話相談、そしてもう一つが、ぷれいす東京HIV/エイズ電話相談。
こちらは、東京都が運営している、HIV/エイズについて相談することができる窓口です。
詳しくは、「HIV 相談」などで検索すると出てくるので、HIVについて何か相談したいという方は是非検索してみてください!
どうですか。タイジさん、家族とHIVについて。

タイジ :
家族とってなったら、、、うろたえるだろうなー!冷静に対処しないとですね。

ジョー :
冷静に対応することですね!(笑) 大事なのは、しっかり知る!そういうことですね。言ったことで迷惑をかけてしまうんではないかとか、考えずに、早い段階から言いたいことを言う、それが大事ですね。なので、ちょっとでも相談したいことがあれば、先ほどの東京都HIV/エイズ電話相談、ぷれいす東京HIV/エイズ電話相談にご連絡頂ければ!またこの番組でもメールいただければ、このコーナーで取り上げていければと思います!

This day’s select music
GET OFF YOUR ASS AND JAM / FUNKADELIC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA